【同棲】彼女と喧嘩したあと仲直りする5つの心得【体験談】

木曜に燃えるゴミ袋を出し忘れてから、ずっと喧嘩していたテキトーブロガーの俺です。意外と些細なことで喧嘩してしまうのが同棲生活です。

今はちゃんと仲直りして、前より絆が深まりました。まじで忍耐が鍛えられました。良かったです。

これで何度目か分かりません(笑)まあでも、テキトーブロガーって言ってる時点で、僕のズボラさが原因であることは否めない!

もう次回からはゴミの日は細心の注意払わないと、ちょー怖いっすね・・・

そんな感じで、皆さん彼女と喧嘩すると疲れますよね、そして、むしゃくしゃしますよね、でもそれはお互い様です。相手だってそうです。、

喧嘩をすることは悪いことじゃありません。

むしろめっちゃしちゃおうぜ!

一番大事なのは、喧嘩したあとどうするかです。本気でぶつかることを避けてはいけませんぞ。

喧嘩してしまったら、、、

付き合っていると、同棲していると、必ず避けては通れない喧嘩。いくら仲良くても、必ずその時は訪れます。

喧嘩してしまってもそれはそれでいいんですよ。問題はその後どうやって仲直りするか。絶対してはいけないことがたくさんあります。

でも、まずはこれだけは忘れないようにしましょうぜって心得を実際の体験談からまとめてみます。色々なサイトで、喧嘩したらこうしたらいいよなんて言ってますが、こちとら一昨日したばかりなので、そんじょそこらの恋愛ブログには負けない心得を提示いたしましょうぞ!

喧嘩してしまった後に、必ず気をつけなきゃいけない5つの心得!

過去を振り返らない。

喧嘩した原因が何であれ、一番言いたくなっちゃうことが、過去のこと。

「あの時、こうやってたら今こうなってなかったじゃん!?」

いやいや、そんなこと言っても今はどうしようもありません。無駄に喧嘩を長引かせるだけなので、

ここはぐっとこらえましょう。喧嘩はもう終わったんです。たくさん言い合ったでしょ?

もうそれで十分体力使ったので一旦休憩しましょう。

女の子は、一番こういうことを言われるのが嫌いです。ただでさえイライラしてて、必死に抑えようと頑張ってるかもしれないのに、余計なことしないであげてください。

もしかしたら、改善点を言って次につなげようみたいなこと考えてるかもしれませんが、今は無駄です。そういうのはお互い頭を冷やしてから言うべきですよ!

何を言っても耳には残りません。

喧嘩の原因をとやかく言わない。

ついつい感情が高ぶってくると文法もおかしい子供みたいな日本語で、「そっちが先に言ってきたんだろ??」みたいな言葉を発したくなりますよね。

でも、それも無駄です。

もう言い合って喧嘩は終わりました。まだやる体力があるのなら別のことに体力を使いましょう。きっとそっちの方が少しだけでも有意義です。

女の子も相当疲れてるはずです。本当に好きなら休憩させてあげましょうよ。

喧嘩の原因なんてお互い様なんですから、どっちが悪いとかどっちが良いとかないんですよ。喧嘩している時点でどっちも一緒。

とりあえず、どう思っても構いませんので、一切蒸し返すことをしてはいけません。

お互い距離をとり、頭を冷やす。

もし喧嘩して片方が冷静になってしまうと、ついつい大好きな相手を慰めたくなってしまいますが、そこは我慢です。

しっかりとお互い頭を冷やしきるまで、話してはいけません。

怒った口調で会話しても、次第に喧嘩に発展していくだけです。

もう片方はまだ怒っていますので、何しようがお互い疲れるだけです。

お互いがようやく落ち着いて普通に話せるようになるまで、じっと我慢しましょう。

癒してあげるのはその時ですから!それまでじっと待ちます。

いらいらが収まらない時は、

まさかとは思いますが、本当に頭を冷やしてみるのも効果あるかもしれません。氷漬けにしたり、水かけて見たり、今の時期なら外に出るだけでも頭が冷えそうです。

一度火がついたらなかなかイライラが収まらないのが女の子です。本人もイライラしたくてしてるわけじゃありません。けど、自分じゃどうしようもできない時もあります。

一番は、時間が解決してくれるのを待つ!じっと我慢しましょ。

距離は起きつつも、さりげなく気を使う。

一切話をしないとは言いましたが、さりげなく話しかけましょう。それも穏やかな優しくて、相手にギリギリ聞こえるくらいの小さい声がベストです。

SPONSORED LINK

夕食作るよ!とか、寒くないの?とか、なんか買ってくるよとか、寝落ちして気づいたら布団かけてくれてるとか、

そういう些細な優しさです。見え見えの大げさな優しさより、喧嘩した時はこの些細な優しさが相手の心に凄く伝わります。

結構そういうのって怒りつつもちゃーんと覚えてるもんです。

それで少し甘えを見せたらもうこっちのもんです。1時間おきくらいでいいので、少し優しく聴いてみてください。

それ以上は構わないのがベスト!

彼女は構って欲しくて、物に八つ当たりして見たり、危ない事をしたり、家を出て行こうとしますが、難しく考えずに、危険なことはやめさせてあげましょう。

女の子は、本当は構って欲しいのに怒って八つ当たりしてしまうという謎の正反対な性格になる現象がよく起こります。

本人だって、やっと構ってもらえるのに怒りたくもないのに、怒ってしまっては、余計つらくなるだけです。十分つらいので今は構わないのが彼女の為です。そういうことを考えられる人になるのが一番いいですよね。

諦めてはいけない。

喧嘩すると全てが嫌になって、全てを投げ出したくなります。

ですが、一番やってはいけないことがお互い諦める事。

それは、相手に嫌いって言ってるのと同じ事です。

あなたが本当に好きで付き合ってきた人は誰でしょうか。付き合いたての昔を思い出すのもいいかもしれません。

ちょっと頭を冷やすのと似ているかもしれませんが。

決して今回はもうだめだとか思わないでください。

諦めるからだめなんです。諦めなければ、いくら何もしなかったとしても、必ずお互いスッキリする時がきます。

仲直りした後の、相手のこと何でも分かる通じ合っている感じがすごく気持ちいいですよ。

最悪の場合、本当に別れそうになる時は全力で追う

大体雰囲気でわかりますよね。あ、これ、彼女これから言うぞって瞬間が。

そう言う時は、勢いで出て行ったり、物を投げてきたり、色々な事をされるかもしれませんが、

全力で追いかけてください。そして、無理矢理にでもいいから腕を掴んで、ガシッとハグするしかありません。

それでも無理だったら、一旦距離を置いて頭を冷やすしかありません。

とても残念で、悔しくて、悲しいとは思いますが、きっと彼女は戻ってくると信じて一旦距離を置くしかなさそうです。

とは言ってもやるのって実際難しくないか。

喧嘩してしまった後に何も考えられなくなるのは当然です。

僕だって、仕事していましたが、ただ文字をぼーっと見てただけですからね。

実際に5つも気をつけるのって相当難しいですよね。そんな時は、これだけ意識しましょう。

余計なことは言わない。

たったこれだけで、喧嘩の原因をとやかく言う事無し、過去をあーだこーだ言う事無し、そして、話す事が無くなるので、お互い無言ですよね。

ちょーっときつい空気が流れるかもしれませんが、元々喧嘩した後なんてそんなもんです。その間めちゃくちゃ暇だと思いますので、次第に頭が冷静になってきて考え始めることができます。

そうなったら、申し訳ないという気持ちが生まれて少しの気遣いができると思います。

どうでしょう。1つだけだったら気をつけられそうじゃないですか?

ぜひ、喧嘩した後は上の5つとは言わず、ぜひ「余計な事は言わない。」ということに意識してみてください。

喧嘩慣れしてくると、5つのことも気をつけられるようになるはずです。と言っても、喧嘩しないのがいちばんだけどw

まとめ

喧嘩した後仲直りできたとしてもそれが本当の正解かどうかなんて僕も分かりません。

でも、とにかく喧嘩した後にどうするかが大事であって、喧嘩してる最中は何かしろとかそんなんないと思います。

とにかく落ち着いた時に2人で思いっきり話ができることが重要です。何回も喧嘩してそう思いました。

喧嘩した後に、たくさん話しましょう。なんであの時怒ったの?みたいな感じで。

実は、◯◯◯◯◯◯◯◯◯なんだ〜って言ってくれるかもしれません。

ぶつかるたびに、お互いが分かってくるし、自分のいけないとこだって反省できます。

喧嘩する時は、思いっきりして、喧嘩した後は、上の5つのことに注意すれば、僕はやっていけるだろうと思っています。

ぜひ、皆さんも喧嘩しまくっていきましょう。そしてその分だけ仲直りすればいいんです。

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す