完全にイメージダウン!最低な逸話を持つ歴史上の偉人まとめ

どうも、こんにちは、よっしーです。

歴史上の人物の逸話って、結構面白いですよね。

そんな僕が今日もシコシコとグーグルで面白い逸話を探していたところ、

あの有名な歴史上の人物が普通に、これはクズだなっていう逸話を見つけましたので、まとめます。

普通にイメージダウンしました。最悪です。

中には完全に下ネタもありますので、そういうのが苦手な方は記事閲覧をお控えください。

って言っても、

このブログきてる時点で、そういうの大丈夫だと思うけどね。

とりあえず、衝撃的なまとめですので、お気をつけください。あと、起源ははっきりしない事が多いので、ソースは??ソースはどこやぁ?!?って人は、ググっていただけると助かります。

正直、そこまで詳しく調べてないので、事実なのかは僕自身も分かりません。

クレオパトラはフ○ラの達人

護衛100人の男相手にしたらしい・・・

img_0

当時は絶世の美女とか言われてたらしいけど、当時の基準だから今とは違うのかもしれないね。

E382AFE383ACE382AAE38391E38388E383A9

なぜそんなことをしたのか僕は理解できないよ。

コロンブスが大陸横断後持ち帰ったのは梅毒

コロンブスは誰から見ても女好きで、世界中で性交渉をしまくったせいで、梅毒が広がったとされているらしい。

original_image

とりあえずこの病気の闇が深いのは、調べると分かります。

koronbusu

コロンブス、おま。

columbus

伊藤博文はロリコン

やばいよこいつ。完全に名前も忘れてたけど、イメージが下がりました。

ある日、吉原に出向いた伊藤博文は帰りがけ馬車に乗ろうとしたところで、見送りに出てきた”おきん”という芸者を見初めた。

SPONSORED LINK

ここからの行動の早さには目をみはるものがある。早速、伊藤博文は”おきん”を馬車に連れ込んで、そのまま一晩中、馬車を走らせ続けた。吉原の帰りだというのに、何と元気のいい・・・!!
翌朝、吉原に帰った”おきん”は、狭い馬車の中で何とも苦しかった・・・と周囲にもらしたという。

伊藤博文の女好きは、時の明治天皇の耳にも入り、天皇から直々に「いいかげんにしろよ」と注意されたというから筋金入りだ。

http://www.digitake.com/html/episode/90hirobumi.html

0008_l

野口英世は浪費癖がひどすぎて借金まみれだった。

これは衝撃的すぎた、財布に入っていた千円がいつの間にかなくなっているのは野口英世のせいなんじゃないかと思ってきた。

医術開業試験を受けるために上京 → 恩師らから貰った滞在費を女遊び等に使い切る。

血脇からもらった援助金 → 遊びに使い切る。

自堕落な自分そっくりの小説の名前が似てる → 改名。

婚約者、友人から貰った留学資金 → 遊びで使い切る。

呆れた血脇から更に援助を受ける → やっと海外へ行けhttps://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/26874

4136567

モーツァルトは俺の想像より遥か上の変態

まず、モーツァルトはうんこ好き。スカトロ大好き。この人ほんと臭そう。

2010_12_26_01

22歳の時に従姉妹にこんな手紙を送ったらしい。

2872d904

アイザックニュートンは他人の論文を自分の名前に書き換えて発表した。

超一流の学者であった事は間違いないけど、普通に他人の論文をパクってた。

ライバルの科学者フックを蹴落としたく、イギリス学会のかなり力がある地位まで上り詰めた。

その時の社会的地位を使って論文もパクってた。

200px-GodfreyKneller-IsaacNewton-1689

といってもその論文の成果がどれくらい素晴らしいかの見極めができ、理解できていたことになる。

 

さいごに

まあ誰しも人には話せない性癖があるよね。

将来誰しも性癖を辱めもなく話せる世の中になればいいのにな。

そう思います。

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す