【スヌーピー】お弁当を入れる巾着を探してたら、あったのはまさかのKINOKUNIYA

紀ノ国屋ってそもそも何のお店なんだろう。あんまり行く事無いし、食べ物を売ってるイメージしかない。最近、彼女がお弁当を作ってくれるようになったので、お弁当箱は買ってくれたんだけど、何か袋に入れた方いいかなぁ〜と思って(汁がこぼれるかもしれない)、巾着?っぽいのがあればいいなぁと仕事終わりに買う事にした。

でも、駅構内で買えるものってたかがしれてるわけで、僕の経路で行くと一番ありそうなのが上野駅。上野発の夜行列車なので、そこしかない。夜行列車って言っても常磐線だけどな!w で、そもそも、上野にはユニ○ロくらいしかないし、売ってなさそうだなぁと思って諦めてたところ、、、

なんかKINOKUNIYAにあった!

そもそも、ここ食べ物とか売ってなかったっけ??っていう疑問があったけど、とりあえずいいのがあったから買ってしまった。スヌーピー。大好きだ。しかも大きさも丁度いい。何でトートバックみたいなものが置いてるのか分からないけど、わざわざ改札出なくても構内で買えたからそれはそれでえーや。でも、ある疑問が拭えない。

紀ノ国屋って何のお店なのさ?

Wikipediaをみると、こう書いてる。

紀ノ国屋(きのくにや、英文:Kinokuniya)は、東京都を拠点とする高級スーパーマーケットチェーンである。東日本旅客鉄道(JR東日本)の完全子会社である株式会社紀ノ國屋によって運営されている。

え、高級スーパーマーケットチェーンなのっ!?!?そんな値段する???私の金銭感覚が狂っとるんでしょうか。それとも、上野駅の紀ノ国屋がリーズナブルなんでしょうか。ますますよく分からないなぁ。さらにこう書いてる。

はじめは1910年(明治43年)、青果店として創業した。
1953年(昭和28年)、東京・青山に、対面販売ではなくセルフサービス方式による日本で初めての食料品スーパーマーケットを開業したことで知られる。チーズの空輸、ジュースの自動販売機の設置、高級アイスクリームの販売など、各時代で常に先駆け的な商品展開を行った。

あーなるほど、食料品のスーパーマーケットなのね。だからあんな食料置いてるのか、トートバックなんてもんはおまけか!俺はおまけを買ったのか!!っていうか、あの面倒なセルフサービス方式を始めたのがこの紀ノ国屋ってわけですね。全く、楽しようとしやがって!(別に嫌いでは無い)

まあ、ええです!とりあえず、紀ノ国屋のトートバック?っぽいのが手に入ったので、ご紹介します。意外と材質も良くて、スヌーピーとコラボしてるから、スヌーピーファンは手に入れてみては?

スヌーピー in KINOKUNIYA

スヌーピートート|通販なら紀ノ国屋の e-shop KINOKUNIYA

めっちゃスヌーピー売ってますやん。紀ノ国屋さんよぉ。っていうか!あれだ!ハロウィンの方が欲しくなってきた!やばいぞ。

27-4960320999346l-thumb-308xauto-13997

めっちゃかわええやん。僕はこっちじゃなくてデニムSSの方買ったんだけどね、絶対こっちの方がいいわ。あぁー=++あsjdふぉあしdfじゃそjf;お。

SPONSORED LINK

買ったデニム生地のトートバック。もちろん可愛い。

IMAG0036.jpg

 スヌーピーがいるぅー。なぜ紀ノ国屋にスヌーピーがいるかっていうと、誕生日が同じだかららしい。どちらも生まれは1950年代だから。そんなぁ、関係ありますぅー?!?

IMAG0037.jpg

 ちょっと後ろの紀ノ国屋のデザインをスヌーピーにしてほしいくらいだけど、まあ、いいでしょう。ずっと見てると目が回りそう。

IMAG0041.jpg

 中はこういう素材。濡れると匂いがつきそうなやつ。でも、お弁当とかなら問題無いと思う。

IMAG0038.jpg

 唯一、ぱちっと止めるところが無いのが嫌だったところ。これだと中の物が溢れてしまうかもね。

IMAG0040.jpg

よく分からないけど、内ポケットがついてる。名刺入れにでも使うといいんじゃないでしょうか(てきとー)。

IMAG0039.jpg

 珍しいので買っちゃうのもあり!?

スヌーピーグッズが普通のスーパーに売ってるなんてすごい珍しいので、この機会に買ってみてはいかがでしょう?

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す