【スマホ】Aukeyの急速スマホ充電器が捗る【周辺機器】

いつの間にか、充電器だらけになってしまうスマホ、タブレットのコンセント地獄。僕の家もスマホとモバイルバッテリー、モバイルWifiルーターのおかげでいつもコンセント付近が混雑します。

モバイル端末が増えるのは便利でいいことなんですが、コンセントを圧迫してしまうとモバイルなのか家電なのかこれもう訳わかりませんね。

通常1端末に1個の充電器がついてきてそれを使うと思いますが、そんなことしてたら端末が増えるたびに充電器も増えて、いくら延長コードがあっても足りなくなっちゃいます。

そんな時は、QCが動作する5ポート以上搭載のUSB充電器がおすすめです。

僕が使っているのは、Aukeyの急速スマホ充電器。

IMAG0251.jpg

こんな感じの外観になっています。5ポート搭載していてUSBケーブルを接続すれば最大5台まで充電できます。これで、1個1個充電器を接続することなく、コンセント1個でこのポートを使うことによって最大5台までの端末を充電することができるようになります。

一番下のポートは、QuickCharge3.0に対応していて従来よりも超高速に充電することができます。物凄い高速です。10秒で充電が終わります。(嘘です)

最大5台までと言いましたが、出力電流もしっかり保ってくれるので、他の製品のように何台も接続していたら、電流が足りないよって警告画面が携帯の画面に出てきた・・・なんてこともありません。ないはず。

すごい画像が散らばっていますが、唯一の欠点は、コードをいくつも接続するので次第に絡まって大変なことになるくらいですかね。完全にそれは僕がだらしないからなので仕方ありません。

ところで、このAukeyって誰なの?

僕も詳しくはわかりません。中国の会社らしいですが、特にこの製品が爆発したりすることはありませんでした。

スマホの周辺機器といえば、Ankerを思い浮かべます。例えばこんな製品を販売しています。

どちらかというとAnkerの方がスマホの周辺機器メーカーとして有名ですが、実はこのAukey、会社を設立したのも実績を作ったのもAnkerより先らしいです。

AukeyはAnkerの劣化コピーではない!後だしジャンケンはAnkerの方だ! – がじぇぶ GADGETY BLOG
何も知らない人は初めて『AUKEY』とみたとき『ANKER』のパクリかと思うでしょう。でも、その中でちゃんとAukeyやAnkerいついて調べた人がどれだけいるでしょうか。実は会社の設立も実績を作ったのもAukeyの方が早いんです。 関連:急速充電器やモバイルバッテリーで必ず目にするAnkerって何だ、中国企業って知ってた?Anker成功の秘密 – がじぇぶ GADGETY BLOG

若干語弊があるような記述もありましたが、Aukeyのコスパは異常です。2千円でQC3.0付きの充電器が手に入りますからね。

Aukeyはよくある粗悪品を販売している会社ではなさそう。

スマホ周辺機器の雄「AUKEY」の中の人に色々と聞いてきました – すまほん!!
AUKEY(オーキー)というスマホ周辺機器メーカーをご存じでしょうか。コストパフォーマンスに優れるUSBケーブルやモバイルバッテリーを販売しているメーカーで、ブランド名は聞いたことがあっても「実際どこにある会社なの?どういう会社なの?」という疑問を持っている方が多いのではないでし…

中の人も、安くて品質の良い、謂わゆるコスパが良いって商品を作りたいとおっしゃっています。意気込みがすごいですね。他とは違うオーラを感じます。

SPONSORED LINK

製品を使ってみた人の感想もなかなか悪くなさそうです。

http://nextplug.com/?p=818

意外と大丈夫そうですね。ところで急速充電のQCとは・・・なんぞえ?

QuickChargeとは?

半導体大手Qualcommが作った規格で、最も新しい規格のQuickCharge3.0では、0ー80%の充電にかかる時間は約35分と大分短い時間で充電できるようになっています。

なぜこのような動作が可能となっているかと言うと、一旦電圧を9Vまで昇圧するからです。

まず充電器に接続されると充電器側と携帯側でICチップの認証が始まります。この認証が完了して初めて充電が行えるようになります。

充電器側で9Vまで昇圧し、その電圧を携帯端末側で4.2Vまで降圧させることで高速充電を実現しています。電流は2.0Aかと思いますが、同じ電流でも通常より高い電圧で充電することによって多くの電力で充電できるような仕組みになっています。

このQuickChargeという規格ですが、最も新しいもので3.0があります。対応していない機種が多く、対応していても2.0で充電できますよという携帯端末が多いです。

充電器が3.0で携帯端末が2.0だったらどうなるの?って僕は思いました。が、このQC、後方互換となっています。充電器がQC3.0であれば、2.0対応のスマホを接続しても、1.0対応のスマホを接続しても、自動でその規格に沿って充電できるというわけです。

つまり、充電器は新しい規格の方が良いということになりますので、2.0対応のスマホしか持ってないから2.0の充電器を買おうなんてことは考えなくてもOKってことですね。

まとめ

と、こんな感じに調べたことを載せてみたんですが、もう使って半年くらいになります。差込口もしっかりしていて、未だに壊れた部分はありません。2千円なのに。

Ankerも良いですが、コストパフォーマスに優れたAukeyも是非、買ってみてください。お安いです。品質も頑張ってるらしいしw

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す