2017年になって何故か初めて女装してしまった

皆さん、2017年になってお正月はいかがお過ごしでしょうか。まさかの僕は、お正月に初女装してしまいました。なんでそうなったのかは、今でも覚えてないです。きっとこんなことしているの僕だけじゃないでしょうか。

しかし、少し目覚めてしまった。

これは事実です。やばいどうしよ、二十歳超えたIT系の会社員がなんて過ちを侵してしまったんだろう。そんな気分です。でも、目覚めてしまった。というやばい精神状態なので、またやると思います。麻薬の様に。

叩かれるの覚悟で、記事にしてみます。ちなみに今もしてますw

このブログの影響力皆無だから、晒して見ますw

ただのSEが女装するまでの気持ち悪い道のり

というわけで、晒します。よっしーは、超絶気持ち悪い画像を次々と載せる気なので戻るなら今ですぞ旦那。

とりあえず、素の俺。

どこにでもいるただの男ですね、はい。なんで口を開けてしまったんでしょう。

よくいますよね、口を開けてしまう人。僕もよく口を開けてしまいます。集中している時とか、ゲームしてる時とか、あ、化粧してる時も空いてたんだろうなぁ。

今回初めての化粧だったので、死んだ男の1人です。世の中にも女装する男子はいるのでしょうか。まあ、いますよね。でも、元旦からお化粧してる男なんて僕ぐらいなハズ。

ちなみに、会社員20代前半。体重は、57kg。身長は174cmです。痩せ型なので骨が出ています。診断はされていませんが、多分胃下垂。異様にお腹が下に垂れています。ビール腹と呼ばれるやつです。女装歴は初めて。過去にお化粧をしてもらったことはあります。

バンドでビジュアル系のギターやってたからじゃ。

なのですが、自分でお化粧したのも今回初めてというスペック。

肌質もボコボコしてて、普段から肌なんて気にしない男らしい肌に仕上がっております。こんな肌でできんのかよ。

それがこうなる。

そんな変わってないかもね。チークなしなので、化粧した感ないかもしれない。

まさか、自分もこうなるとは思ってなかった。ハマりそう。

かろうじて女だと分かるくらいに進化しました。いや、退化か?

まずは、恐る恐るお化粧していきます。

彼女にも手伝ってもらいました。絶対自分だけじゃ無理ですね。一応、Youtubeなんかで女装している人のお化粧動画も見て参考にしました。お勉強は絶対足りないです。

肌をめちゃくちゃ保湿します。

IMG_2890 Creative Commons License Steve Baker via Compfight

男の肌は荒れ放題なので、化粧をすると崩れやすいしやり辛い・・・らしい?ので、しっかりと保湿します。

僕はいつでも真剣なので、お風呂で洗顔した後に、保湿クリームを顔にベタベタ塗りまくって、スチーマーで5分くらい顔をびしょびしょにしてました。

このくらいやっても、すぐ乾燥しちゃう乾燥肌なので、つらい。

いつもは、パリパリしてる肌もこの時だけは、もちもちしてました。こういうの普段からやらないと、まずそうですね。

一度やり出したらある程度極めるまで辞められない性格なので、今後肌にも気をつけなきゃいかんぜよ!

下地を塗ります。

Cora Skin for Catwa (soon @ Uber) Creative Commons License Izzie Button via Compfight

SPF15 PA+??とか書いているのが下地らしいです。日焼け止めの効果らしい。よくわからんぞえ。とりあえず満遍なく塗ればおーけーだろと思いましたので、適当に塗りました。これを薄く塗らないと化粧崩れするらしい。はえー、そんなんだぁーって感じですね。

ムラが出てきたので、軽くスポンジでポンポンしました。

下地というだけあってここが一番大事なのかな?っていうよく分からん印象。

とりあえず、日焼け止めとか、保湿クリームとかそんなん塗る感じでいけるから、まだここは大丈夫?あとあと、難しくなるんですよ。

ファンデーションを塗ります。

Bea calls for a pie Wet and Messy Photography via Compfight

彼女が持っていたのは、リキッドファンデーションなので、これも下地みたいに満遍なく塗りました。もうよく分からないので、疑心暗鬼になりながら恐怖におののいてました。

こんな感じのやつ。

この時点で、肌の色が全然変わります。そんで、真っ白になってシミとかそばかすも無くなりました。いやぁ、化粧ってすげぇ。

なんだか、いけないことをしている気になってきました。あとは、やってしまった感。

SPONSORED LINK

もう後戻りはできないんだよ。うへへ。

終わったら、パウダーファンデーションで軽く整えます。男ならヒゲの辺りをしっかりポンポンしなきゃいけないという謎の考えで、塗っていきました。

こんな感じだった気がする。

この時点で、もう結構出来上がってますね。やばい。

マスカラ

まつげに塗りたくります。もはや、適当。だって分からないんだもん。でも、マスカラは自分でやったことあるので、結構慣れてました。

そんなに戸惑ってなかったぜよ。

なんだっけなぁ、自分が使ったのは、これだった気がする。

彼女曰く、これもおすすめらしい。マスカラはこれがいいって言ってました。今度はこれ使って見たいなぁ、、、、なんてね!

なんか、たくさんあって大変だなぁ。お化粧ってこんなに時間かかるのか。疲れるし、女の子って大変だなぁと独りで実感してました。

アイライン

Countdown Creative Commons License Natalia Medd via Compfight

これが一番難しかった。まつげの根元から描いていかないといけないって無茶すぎるだろ。目に入るわーーーって思いながら、描いてました。

こんな感じのを使ってた気がする。

最初は液体タイプのを使ってたから、変なとこ塗りまくって、消しては塗っての繰り返しでした。これは、本当いつになっても上手くなる気がしないわ。そう思います。

あとで、ペンタイプを使いましたが、これもこれでなかなか塗れなくて難しい。何回も描いてたら変なとこ塗ってるし、アイラインは激ムズでしたよ。男にとって。

こんな感じになっちゃいました。うん、汚いね。なんかついてるね。

1483449119464s.jpg

アイシャドウ

Geisha portrait in Kyoto (Japan) Josep Castell via Compfight

彼女にやってもらったので、どうやってたかは謎。これは、後で自分でできるようにしなきゃならんですね。よく分からんけど、まぶたに塗ればいいってこと??

どうすればいいのか分かりませんわ。

もっと勉強します。

チーク

Woman with flawless complexion using the Philips VisaPure Advanced Sensitive with the intelligent sensitive cleansing brush head Philips Communications via Compfight

少し頬に赤みをつけます。これで、がっつり化粧した感じでてきました。

いきなりやったときは、恐る恐る軽めにやってみましたが、なんか変化あまりないぞーって思いっきりやったら、赤りんごみたいになりました。

あっぽーーーぺーん???

じゃねえんだから!!次からは気をつけます。

彼女が持ってなかったので自分で買いました。

確かこれを買った気がする。

そして、こうなりました。

ファンデーションを塗りたくったおかげで綺麗に仕上がってますけど、化粧厚いわって若干思いますね。でも、まあそれでいいのかもしれない。

なんか少しいけるくね??って思った自分を殴りたいぜよ。

今は賢者モードなので、すごく冷たい目で写真を貼り付ける作業をしています。

でも、ハマりそう。

やばい。。。

ハマりそう。

今度は、下地がいいやつを買いたいなっていう謎の購買欲が出てきました。

さようなら、昔の自分よ。

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す