同棲5ヶ月経過したので、これから同棲する人に向けて書くわ

やぁやぁ、そんなこんなで私たちGOkiburiカップルズの同棲生活も5ヶ月目を迎えました。余り深く考えてなかったんですが、順調っちゃ順調です。GOkiburiを除けば。

よくいきなり同棲すると別れるとか、嫌いになるとか言いますけど、普通にしてたら特に無いです。ちゃんと気をつけるべき所は気をつけて、どっちか工夫できるところはできるようにする。

たったこれだけで普通に楽しく生活できます。これから同棲を始めてみたいという方へ、参考になるとウレシス。

ちなみに、僕らもまだ初心者なのでよくわからない所もあります。偶然うまくいっただけかもしれないので、自分たちの状況を踏まえて、考えてみてください。

彼女の屁の匂い、平気かな?

とか考えてみてね。

同棲する前に気をつける事

同棲を決める前に、まずは考える事が必要ですな。実際同棲してて思いました。もし、ここが違ってたらこうはうまくいってないな、と。

僕らは偶然同じ体質だったのかもしれませんが、皆がそうであるとは限らないので、考えるポイントをまとめてみるよ。参考にしてちょ。

彼氏・彼女の言動に少しでもイラッとしたことがある!?

takebe160224230i9a0524_tp_v

なぜこんなこと聞くんだって思ったかもしれませんが、これは非常に生活に関わってくる所です。

いくら愛し合っているとはいえ、日々生活していたらそういう言動がちらちらと現れてきます。1日だけのデートだけならまだしも、365日ずっとその言動をされてると思ってみてください。

いやでしょうか。それともイケるってなったでしょうか。それが答えです。

衛生観はどうですか?

green4_hahuhahu20141123125939_tp_v

例えば、

だらしない部屋に普段いる人、トイレを毎日洗いたい人、コップは使われると嫌な人、歯磨きは2日に一回の人、綺麗好きの人、シャンプーにこだわりがある人、等々

いろんな人がいますよね。どれも衛生に関する話です。ある程度衛生観が一緒でなければ、とてもストレスになります。

もし、毎日風呂掃除をする人と一週間に一回風呂掃除をする人が同棲したら、毎日風呂掃除をしたい人が負担になります。

毎日洗っている人は、洗わない人に対して次第にストレスが溜まってくるかもしれません。

こんな感じで、些細な事も気になっちゃうのが同棲。できるだけ衛生観は一緒の方がいいです。

もし喧嘩したら?

ame7842kdis_tp_v

SPONSORED LINK

必ずしてしまうといっても過言では無い程、同棲中にしてしまう喧嘩。もちろん些細な事から大事まであります。一緒の空間にいるので終わった後気まずいですよね。

喧嘩に関しては、できるだけ短く大きくがポイント!

しないようにするのではなく、してもいいけどさっとしてさっと終わらせる。その後は気にしないようにお互い気をつけると上手くいきます。

いくら大声で怒鳴ったり、暴れまわったりしても、その後はパチッと切り替えて冷静な自分に戻るようにします。長時間の喧嘩は、お互いにとってただの体力消耗運動にしか過ぎません。

喧嘩することにはちゃんと意味がありますので、しっかり喧嘩してちゃっちゃと終わらせてみましょう。そうすると、ストレスが溜まったら吐き出せばいいのですごく楽です。

お互いそうするようにすることで、相手側もわかってくれますし。

毎日の生活を工夫する。

n114_obakenokabocyatookashizentai_tp_v

もちろん、何もしなくても楽しいんですが、同棲を始めた頃から生活を工夫するように気をつけておきます。これは、癖をつけるためです。

例えば、

今日は手作り、明日は外食、明後日はお惣菜買うとか、

いきなりサプライズでアロマキャンドル買ってみるとか、

帰りにおいしそうなパンが売ってるから買ってみるとか、

今日は昨日とは違う生活にするようにしてみてください。そうすることで、少しの工夫で結構楽しくなったりします。

考える癖をつけると頭の運動になりますし。ね!

趣味はできるだけ共通の方がいい。

pak88_manganotana20141108161323_tp_v

できるだけ同じ趣味があるといいです。無いなら二人で見つけたらいいんすよ。それを探しに行くのも恋ですよ。

なぜ共通が多い方がいいかと言うと、できる限り二人で楽しめる時間が多くなるからです。お互い一人で何かしようやっていう特殊な方はさておき、同棲するんだから二人で同じ事したいっしょ!?

近くにいるのに心は一人ぼっちなんてことにならないように、二人でできることを探しましょう。

さいごに

まあとにかく余り気にしなければいいんだ。適当が一番やで!

 

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す