【WordPress】Pagespeed Insightsで高得点を叩き出す方法

どうもみなさん、ごきげんようござんす、よっしーです。

まだまだ暑いね。夏が終わらないのは僕の精神的な安定性に繋がります。

だって、寒いの嫌いだし。

寒い時って、家の中はいいんですよね。普通に暖かいから。心も温かくなりますよ。でも、家の外に出た瞬間寒いでしょ。もう無理。

その瞬間心も身体も冷たくなります。想像しただけで、冷たくなってきたので、

自分のブログ/WEBサイトを高速化していこうと思います。まず欠かせないのが、こちら。

Pagespeed Insightsとは

Google様が提供して下さっているページのパフォーマンスを分析できるツールです。

そのページには、このように書いてあります。

PageSpeed Insights では、次の項目について、ページのパフォーマンスをどの程度改善できるか測定します。

・スクロールせずに見える範囲のコンテンツの読み込み時間: ユーザーが新しいページをリクエストした瞬間から、スクロールせずに見える範囲のコンテンツがブラウザで表示されるまでの経過時間。
・ページ全体の読み込み時間: ユーザーが新しいページをリクエストした瞬間から、ブラウザでページが完全に表示されるまでの経過時間。

WEBページで解析できるので、普通に便利。ここにアクセスすれば解析できます。

PageSpeed Insights

HenpekoLife現在のスコア

うーん、56点!ゴロゴロしてますね。

まずは赤文字が怖いので上からやっていきましょう。

JavaScript/CSSの対処法

WordPressのプラグイン系が多いですね。rakutenのアフィリエイトは、非同期にしようがないので、仕方ありません。無視で。

とりあえず、Javascriptの対策は「Asynchronous Javascript」というプラグインを導入して、Javascriptを非同期に。

そうするとちょっと減りました^^;

次に、CSSを圧縮。大量にありますね。

これは、「Autoptimize」を導入して、Optimize CSS Code?だけにチェックを入れます。

SPONSORED LINK

めっちゃ減りました。

これで、この項目は終了。外部ファイルは設定するのが面倒なので、諦めました。

ブラウザキャッシュの対処法

次!ブラウザキャッシュ!頻繁にブログを弄るので、余りキャッシュは使いたくないんですが、この際どうでもいい!

天下のGoogle様に従うのが、WEB業界の掟です。


God 2 / Ted Van Pelt

とりあえず簡単なことで、WEBサーバーの設定ファイルにexpiresを追加すればいいだけなんですが、

あ、そうだ、このブログKUSANAGIちゃん使ってるんだった

勝手にいじっていいのか分かりません。普通にnginxのconf.dに設定ファイルあったんですけど、弄っていいんですか?

ま、いーや。追加。有効期限は10日くらいでいいすかね。

location ~ .*\.(jpg|gif|png|css|js|ico|woff) {
expires 10d;
}

現在

導入後

ちょっと減りました^^;

気づいたけど、後の項目は外部コンテンツのせいだ。

はい、諦め。

さいごに

全くこんな結果になるとは予想しませんでした。でも、この結果だけで十分です。

1点あがった!

もうこれで諦めます。

57点でも高得点なので、これでよし。

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す