【イジリー○田】wordpressで子テーマを作ってみた

wordpress子テーマとは、そっちの方が優先される画期的なテーマなのだ。言ってることがよく分からないが、とりあえずすごいのだ。ググったらこんな状態だったので、

とりあえず2番目を選択して参考にしていきます。適当に選んじゃった。中のサイトをみるとこんな感じに書いてあったので、アップロードしようと思います。

 

FTPにアップロード

ちなみにサイトのURLは、

です。

とりあえずフォルダを作りましょう。例えば/DocumentRoot/wp-content/themesの中に、yossyっていうテーマフォルダがあったとしたら、yossy_childとかを作りましょうって書いてあります。(分かりやすいように)

僕の場合は、rootでコンソールにログインして、mkdir yossy_childってやっちゃったので、kusanagiの人は、chown kusanagi: yossy_childってやった後に、chmod 777 yossy_childってやった方が動作してくれそうです。こうして2つのファイルができます。

/wp-content/themes/yossy

/wp-content/themes/yossy_child

このyossy_childの中に子テーマをアップロードすることになります。

Style.cssをシコシコ

こんな感じで、子テーマですよアピールをCSSで書いていく。アピールしないと、子テーマだと認識されないらしい。頭が混乱しそうだが、それがプログラムだ。やっていこう。

SPONSORED LINK

最終的にこんな感じがスタート。親テーマのStyle.cssが全上書きされるので、importを忘れずに。

ここに変更点を追記していきます。でもさっぱり変更点がわからないので、変更前と変更後の全ファイルを持ってきて、WinMergeかなんかで差分を見ます。ほーらこんなに違う。違う部分を追記していきます。そもそも、文字コード違うやんけ。

こうして終了。Style.cssをアップロードするだけ。

Function.phpはめんどい

子テーマのFunction.phpが実行された後に、親テーマのFunction.phpが実行されるという仕様のため、同じ処理の関数を2回使用するとエラーになるので、removeしなきゃいけないらしい。こりゃめんどそうだね。

でも、僕の場合増やしただけで、既存のコードをいじってただけではないのでremoveは必要なさそう。変更した点だけを全部function.phpに記述してアップロード。

既存の関数をいじってしまった人はremoveしなきゃいけないですね。あーこりゃめんどくさいな。

その他はStyle.cssと同じ要領で

header.phpとかfooter.phpとか他のphpは全上書きされるので、弄ってるところは全上書きしないといけないらしい。それなら、子テーマ作って親テーマをアップデートしてもあまり恩恵を受けないんじゃないかと思ってしまった。なんて仕様だ。でも、ここまでやってしまったらやるしかない。最終的に弄ったファイルはこんな感じになりました。

それでは、アップロードしたので、新しいテーマを有効化してアップデートしましょう。

完了!

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す