【ブログ】書くネタに困っても1000記事書けるようになる、4つのコツ!

こんちは、よっしーです。(画像は僕よりかっこいい人です)

ブロガーあるあるとして、半年やってきたけど、もう書く記事思いつかねえや、っていう問題。

私もよくあります。

よっしゃ、今日はブログかくぜえええええってエディタを開くも、

・・・

・・・

・・・

何も思いつかない。

そんな時ありますよね。

でも、そんなあなたでも今からこの記事を見るだけで、1000記事書けるようになってしまう、究極の方法があります。

面白いかどうか、コンテンツの質は、あなたの技術に関わってきます。それは別として、1000個のネタがいきなりできたら、当分3年先は困ることなくブログ続けられますよね。

さっそく、この記事を参考にして、1000記事書きましょう。

面白いかどうか、コンテンツの質は別にして( ͡° ͜ʖ ͡°)

無理やり探していく1000記事作りの為のネタ

僕なら1ヶ月家に篭ってブログを書き続けてくださいって言われたら、こう答えます。

喜んでッ!

書きたいことが山ほどあるけど、時間がないから書けないんです。

だから、アイデアをここに書いていくので誰か僕の代わりにブログ書いてくださいw

よろしくおなしゃす。どんどんパクってねw

まずは家の周りを見渡してみる

とりあえずレビュー記事です。正直家にあるものだけで、500記事は書けると思います。

は???

って思ったでしょ?でも、そこらへんに転がってるものをただひたすら紹介していくだけでもいいんです。それで一つのブログできちゃうよってくらい。

あなたが今使っているマウス、キーボード。いつも使っている歯磨き粉、照明、LED、靴磨き、歯ブラシ、家電製品・・・と周りを見渡すだけでも、500個くらいは軽く超えそうじゃないですか。

こんな歯ブラシ紹介しても、誰も見たくないだろw ふんっ✌︎(‘ω’)✌︎

って思うかも知れないですが、

こんなのくだらなさすぎるだろって思いながら記事を書くとシュールで面白い記事ができあがります。しかも、くだらねええって思いながら書くのもあなたの意見。それは、オリジナリティーです。

例えば照明のレビューで、

これは普通の明るさですね!とっても普通です!普通に動きますよ!ʕʘ‿ʘʔ

って煽り気味に書いたとしても、もし、その照明壊れないかな、大丈夫かなと思っている人がいたら、その記事を見て、

え?普通じゃん。大丈夫なのか。じゃ買おう。

ってなると思います。世の中困っている人だらけですので、自分がどうしようもないと思っている情報でも他の人にとっては価値のある情報かもしれません。だから悩んだ時は記事を書きましょう。

むしろ、くだらないものを見つけて紹介していきましょう。正直、有名な製品なんてレビュー記事が溢れてるから、くだらないものをひらすら事細かく書いてるブログがあったら僕はそっちが気になりますw

1000記事書く為のポイント!

SPONSORED LINK

  • 家の中にある物をひたすらレビューする。
  • くだらないと思っても、記事は書く。質が悪いかどうかは自分が決めるんじゃなく読者が決めること!

何でもいいからまとめ記事を書いてみる

ブログ記事の中でも、まとめ記事は人気がある分野です。一番いいのは、アニメや漫画のまとめですかねー。分からんですけどね。

でも、なんでもいいからまとめてみてよって言われたらできそうじゃないですか?

どんなくだらないことでもいいです。

僕が思いついたのは、

  • おならの音色まとめ
  • 下手な演奏動画まとめ
  • 大好きな曲まとめ
  • カラオケでよく歌う曲まとめ
  • 普段めっちゃ困ることまとめ
  • めっちゃ捗ることまとめ
  • 大好きな女優まとめ
  • シャンプーまとめ

等々、普段生活しているとまとめって何でもできますよね。生きてる限り無くならないネタ。一生困りませんな。

ただ、まとめ記事書くのってめっちゃ大変なので、思いついてもできるのは20記事くらいでしょうか。やろうと思えばいくらでもできます。

ただ、それはあなたのやる気次第。苦痛だったらそんな頑張らなくてもいいですよ。なんてったってブログのやる気が無くなったらおわりですからね。楽しむことが大事です。

こんなクソ記事かいたらみんなどんな反応するかなw

そんなこと思えるようになったらいくらでも書けるようになります。書けるときに頑張りましょう。

1000記事書く為のポイント!

  • ひらすらまとめてみる
  • どんなにくだらないことでもまとめる

思ったことをひらすらに書いてみる

ちょっと難易度高めですねこれは。意外と自分が思ってることって言葉にするの難しい。ちょっと慣れてきた人向けです。

正直、Twitterのような140文字くらいで書けるような内容のことが多いので、それを1500文字に広げろって言われたらきついです。

でも、思うことって無くならないじゃん?!

例えば、ニュースで今、プレミアムフライデーとか話題ですよね。

これに僕が意見を書くとしたら、推進なんて企業は誰も導入しないぞ、本気だぜやこりゃぁっていう記事を書きます。

あまり苦手なので書きませんけどね。

例えば毎日流れてくるニュースヘッドラインに一言コメントをしていくっていうコンテンツでもいいかもしれないですね。

あとは、普段の生活で、こういうことしてる人がいたんだけど〜どう思いますか?って問いかけるような記事。

問いかける系記事や、物申す!!って記事は読者も考えさせられるので意外と反響が大きくなったりします。

もちろん、賛同もあるし、反対もありますので、結構炎上しやすい分野ですが、匿名ブログだったらやりやすいかもしれないですね。

言いたいことも言えないこんな世の中じゃーポイズン

になってしまうくらいならブログで言いたいこと言った方がすっきりしそうですね。

1000記事書く為のポイント!

  • 思っていることをそのまま書く。
  • 思えば思うほど記事が作れる!
  • よく炎上しやすいので覚悟が必要。豆腐メンタルは厳しい。

過去の自分の体験談をひらすら思い出して、全て記す

小学生の頃、俺はこんなガキでしたとか、私はこんなに太ってましたけど今痩せました!とか、実は夫に内緒で2年間浮気してました!とか墓場に持っていくようなことからくだらない話まで、

自分の武勇伝がありますよね?

一度目をとじて、昔を思い出してみてください。自分を振り返ってみてください。

すごい体験から人に笑われるようなことまで、必ず生きていたらものすごい経験が1個2個あるはずです。それを口調とか文法考えずに書き続けて、記してみてください。

僕もあなたの人生の面白い話聞いてみたいです。きっとみんなも見たいはずですよ?

1000記事書く為のポイント!

  • 過去の体験談を書いてみる。
  • 恥ずかしても、見られたくなくてもできるだけ躊躇するな!躊躇するような話って面白いんだ!

まとめ

基本は視野を広く持つことが大事です。めっちゃくだらないと思うような記事でもまずは書いてみる、

まずはやってみることが大事です。

というわけで、僕は時間ないから代わりによろしくね!

SPONSORED LINK

0 comments

コメントを残す